picture

腸活のプロに聞きました【味噌のベストな保存法って?】

近年、食と健康の関連性がますます注目されています。その中でも、日本の伝統的な食品である味噌が健康に与える影響は興味深いものがあります。さらに、腸内フローラという言葉も一般的になり、腸の健康が全身の健康に与える影響がクローズアップされています。このコラムでは、手作りの味噌作りを通して健康的で豊かな暮らしを広めている「ちこちゃん先生」にお味噌の効果をより高める保存法について教えてもらいました。

ホーロー容器

【ホーロー容器のメリット】
・ホーローは金属製でありながら、腐食しにくい性質があります。食品との反応や変色が少なく、食材の風味を損ないません。

・色や匂いがつきにくい

いろんな味噌を入れ替えしたい人
お味噌以外にも使いたい人におすすめです。

【ホーロー容器のデメリット】
・少し重い
・味噌詰める際 外側から見えない
・高品質なホーロー容器は他の素材に比べ、比較的高価です。


プラスチック容器

【プラスチック容器のメリット】
・軽くて取り扱いが簡単、置き場所の移動もスムーズ
・通気性があるため、味噌が適切な湿度で保たれやすいです。
・味噌を詰める際 外側から見える
・比較的お手頃価格

【プラスチック容器のメリット】
・酸や塩分で劣化しやすい
・中身が見えづらい(透明でないタイプの場合)
・傷がつきやすい


ガラス容器

【ガラス容器のメリット】
・匂いや 色移りにくい 煮沸消毒ができる
・透明で中身が見えるため、味噌の状態を確認しやすいです。
・割れにくく、清潔感があります。

【ガラス容器のデメリット】
通気性が低いため、密閉性が高まりすぎると、湿気がこもりやすくなります。
温度変化に敏感で、冷蔵庫などで急激な温度変化があると割れることがあります。


陶器

【陶器のメリット】
・陶製の壷は通気性があり、湿気を逃がす働きがあります。これにより、味噌が適切な湿度で保存され、発酵が進みやすくなります。
・陶製は保温性があり、冷暖房の影響を受けにくいです。
・味噌の美味しさを最大限 キープ
厚みがあり 温度変化の影響を受けにくい 熟成と着色の進行を防ぐ

【陶器のデメリット】
・割れやすいため、取り扱いには注意が必要です。
・重く、取り扱いが煩わしいことがあります。

どの容器を選ぶかは、個々の好みや使い勝手、保存状態によって異なります。重視するポイントを考慮しながら、適切な容器を選ぶことが大切です。また、味噌は湿気や直射日光を避け、涼しい場所で保存することが重要です。

関連コラム

【無印良品】ゆらぎ世代のお悩み解決は「無印良品」におまかせ!フード部門おすすめ3選

更年期のお悩みやゆらぎ世代には、「寝つきが悪い」、「些細なことでイライ...

【無印良品】某高級メーカーと使用感がそっくり?無印良品のエイジング化粧品を50代筆者が使用感レビュー

エイジング効果のある化粧品を20代後半から使用している人もいますが、多く...

【KALDI】元薬剤師のお気に入り。50代女性をいたわるKALDI商品3選

心と身体が揺らいでしまいがちな50代。たまには無理をせず、そんな自分を認...

【Starbucks】スタバのドリンクをヘルシーに飲むカスタム方法

老若男女を問わず、多くの方からお好きなスターバックスコーヒーが高い人気...

イベント一覧